ストラスブルグではダイエット不可能
























 ストラスブルグ市内の公共交通機関はこのモダンなトラムである。街中を走り回っていて便利な市民や観光客の足となっている。ホンダがつくっていたMobilioというコミュータのデザインのもとになったというが、良く似ている。


 ストラスブルグはヨーロッパ議会や中世の面影を残す堂々としたたたずまいのカテドラルで有名である。


 街の中心部は運河に囲まれていてこれにのって一周すると感覚的に頭に街並がはいるので、時間があればおすすめである。


 ストラスブルグはドイツに近いため、街中ではドイツ語を耳にすることが多い。そういえば料理もドイツ風のこってり肉料理が有名だ。


 夕方は散歩しながらホテル推薦のレストランSchnokelochをみつけることにした。運河沿いで写真の店はすぐにみつかる。


 メニューにもあるとおり肉料理がメインなので、お腹の好き具合と相談して決めること。味は評判通りで、肉好きな方にはたまらないだろう。


 そういえばここがフォアグラ発祥の地だそうだ。鴨肉の料理も豊富でなるほどと思った。


 食事のあとは散歩を続けることが必要だ。さもないと翌日の朝食はスキップしなくてはならない。