EBOLA・COVID-19 b

イスラエルのワクチン接種後の有害事象や副作用状況
2020年12月から始まったイスラエルのSARS-CoV-2ワクチンは、国民ワクチン接種の成功事例としてグローバル・モデルと評価されている。しかし、国をあげてのワクチン接種プロジェットが始まると同時に、政府はワクチンに関する問題を把握するシステム、ワクチン接種後の有害事象や副作用の報告を受ける追跡調査システムを全て停止したのである。
2021/5/13

スパイクタンパク質が血液疾患を引き起こす

米ソーク研究所とカルフォルニア大学サンディエゴ校、中国の西安交通大学の研究者たちの共同研究によって、 SARS-CoV-2感染(COVID-19)は呼吸器疾患ではなく血液疾患であることが確認された。ウイルスのスパイクタンパク質が血管細胞に損傷を与え、これまで説明ができなった脳卒中、心筋梗塞、腎臓疾患、血栓など肺とは関係ない合併症がなぜ起きているのかが解明された。

2021/5/10

欧州ワクチン後の有害事象と副作用報告
米国でワクチン接種後の有害事象や副作用を報告しているVAERS(ワクチン有害事象報告システム Vaccine Adverse Reporting System:VAERS)に匹敵するEudoraVigilanceシステムが欧州にもある。2021年4月10までの報告によると欧州で緊急使用承認を得ている4種類のCovid-19ワクチン(モデルナ、ファイザー、アストラゼネカ、ジョンソンアンンドジョンソン)による死亡者を含む有害事象や副作用は299,065件であった。
2021/4/19

情報解除と告知に基づく同意の重要性
米CDC(アメリカ疾病対策センター)は、米国で約1.65億人が新型コロナワクチンの接種を終えたと報告している。 新しいmRNA 技術を使ったワクチンはアメリカ食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可を受けたものであり、モデルナとファイザのフェイズ2とフェイズ3の治験がそれぞれ2022年と2023まで行われる予定の中、世界中で一般接種が行われている。
2021/4/11