住民は国に何を求めるのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スペインのカタロニア州の首相は27日、独立の是非を問う住民投票を11月9日に行う方針を正式表明した。これを受けて直ちに同国中央政府は、住民投票は違憲だとして阻止する姿勢を示した。

 

 一方で、香港の民主派団体は28日、市内中心部の金融街「セントラル(中環)」周辺を大群衆で占拠する街頭抗議活動を開始し、自治を求める市民ら数万人が集結して幹線道路を群衆で封鎖するなど実力行使に出た。

 

 スコットランドの独立はかろうじて阻止されたが、世界各国で悪政に苦しむ住民に与えたインパクトは計り知れない。

 

 これからさらに同様な(独立権の強化を求める)動きが活発化することになるだろう。基本的な自治権は保証されるべきなのだ。