テスラ社の誤算と責任

Photo: overdrive.in

 

テスラ社の新型EVは爆発的に予約が殺到した。発売から1週間でで32万5000台の受注を受けた。日本からの受注には予約金が15万円かかる。性能は価格が普及車の300万円台なので自慢の航続距離は目をつぶりメーカー公表で345kmとなるが、それでも200km台のEVを軽く超えて、日常の足としては不足のないところだろう。

 

極端に長い航続距離とスポーツカー並みの運動性能は、PC用のリチウムイオンバッテリー数1000個と自社で生産する強力なモーターのおかげである。将来の自動運転につながるオートパイロットを始めとする先進的な機能とデザインに若い世代は魅了され、CEOのイーロン。マスクによるお披露目はアイフォーンの新型発表会のような熱気に包まれた。

 

細かいことは省くがテスラ社は車産業のアップルに例えられる。自動車メーカーが常識としてきた営業体制や、デイーラー販売をあっさりやめてネット予約によって、販売をするこれもPC業界の例えで言えばデルコンピュータのような通信販売によって、32万台以上のオーダーを1週間で集めた。

 

テスラ社は要領よくトヨタとフォードが建設したカリフォルニアの巨大な工場を手に入れ、シーメンスのロボット溶接機が98%以上のアルミボデイを製造していく。アルミボデイなど本田が初代NSXで初めて採用したものだ。

 

しかし今回の大量発注はテスラ社にも大きなリスクを投げかけることとなった。そもそもトヨタでさえプリウス販売は年間12万台で、テスラ社が32万台を生産する能力が(現状では)無いことが明らかだからである。商品のバックオーダーを抱えて販売できなければ消費者は苛立ちテスラ社も遅れれば不利になる。2017年から製造が開始されるが生産規模を拡張しなければバックオーダーが履けるのに数年かかる。

 

幸い最も危ぶまれるバッテリー調達はパナソニックの技術で2014年から建設中のギガファクトリーが稼動すれば、年間50万台のキャパを手に入れられるのでここはkウリアできる。部品の自社生産率が高いことがしかし命取りになる。トヨタなら部材メーカーに発注かければ下請けは徹夜で作業して部品が届くだろう。

 

しかしテスラ社の自社生産が多いので部品全体の生産量を数倍に品kればならないしラインを新たに作り、ロボットを購入し雇用を確保しなければならない。ネット予約によって販売店維持経費や営業マンの雇用費をなくした反面、サービスそのものが問われることも考慮すると2017年に向けて課題は多いはずである。

 

さらなる誤算は先に販売したモデルSがセダン、その次にSUVであるモデルXを販売した戦略である。今は世界中で売れ筋はSUVなので、価格でモデル3を発注した消費者は納車前に、SUVの新型発表を目にすることになる。予約金を諦めてモデル3をキャンセルしSUVモデルに乗り換えるのだろうか。

 

大量にキャンセルがでればまた生産台数の見直しに迫られる。まっとうな車の販売を経験したことのないテスラ社は苦境に立たされるだろう。しかし自動車産業に新しいビジネスモデルを持ち込み時代の最先端にいることに価値観を見いだす消費者を惹きつける魅力があるとするのかもしれない。