日本がステルス戦闘機を開発しなければならない本当の理由

 

自衛隊が採用したステルス戦闘機F35は米軍が最も多く配備する予定だが、最近になって様々なトラブルとその解決のために製造が遅れに遅れている。まるでボーイング787のときのようだ。

 

F-35は映画にいち早く登場するなど「お高い」F-22ラプターより身近な存在で知名度も高かった。だが空軍専用のF22に対してこちらは最初から、空軍、海軍、海兵隊で採用されるためはるかに多くの条件がつけられた。

 

このことが設計者を悩ませたことはいうまでもないが、それに加えてのステルス性能と海軍仕様の垂直離発着機能が大きな負担となっていた。

 

エンジンも単独で垂直離発着用には機体前部をくりぬいてもうひとつのエンジンを搭載し吸気口と排気口を開閉する。主エンジンは90度噴射口を曲げる。机上のアイデアとしてはいいが、実際に設計したら複雑で重量が増加した。

 

致命的なのは運動性能が悪くてロシア戦闘機と接近戦になったら対抗できないことがシミュレーションで露呈したこと。ステルス戦ではミサイル攻撃に失敗したら敵機は目の前に現れるから致命的なのだ。F-35導入を早くから決めていた国からも導入見送りあるいは見直しに入る国が続出している。

 

ロシアのPAKFA(上の写真)はスホーイの自信作で、あまりある推力で接近戦の運動性能はF-35とは比べ物にならない。

 

日本では三菱重工がステルス戦闘機の試験機を開発中である。機体やレーダー、それにステルス性能を決める電波吸収塗料、複合材料など、先端技術に関しては十分な技術力があある。何が問題かというと現在の推力5tのエンジンをどうやって推力15tクラスに引き上げるのか、ということ。IHIをもってしても相当な技術開発の人員と予算が必要になる。

 

米国がステルス戦闘機をこれまで日本が開発するのを許す理由はジェットエンジンの開発ができない、と読んでいるからだ。15tクラスの使い物になるエンジンをIHIが開発した時点で間違いなく中止をつきつけてくるだろう。確かに5tと15tのジェットエンジンは月とスッポンの差。10tに仕上げるのが先決だがそれとて簡単なことではない。しかしIHIの研究開発能力はやる気になれば国からの開発支援があれば可能だろう。

 

しかしジェットエンジンをはじめ規制によって製造ができなかったいくつかの分野(軍用も含めて)は、技術力を結集して力を発揮する舞台であり今後は聖域はなくなる、ことを米国も理解しなければならない。旅客機もそうだ。ボーイングとエアバス以外で787クラスを国産しているのは中国だけだ。ただし中国のジェット旅客機は国大市場のみで世界市場を狙える代物ではない。

 

日本が独自にステルス戦闘機を製造しなければならない理由は米国から乳離れしてF-35をしのぐ戦闘機を配備しなければPAKFAに勝てないからだ。ただしコンペで性能的にはF-22を圧倒していたYF-23の設計を上回る必要がある。これは相当にハードルが高いがカナダのSuper ArrowよりはF-3の国産化の方が実現性が高いだろう。