ローマのカワラ


























 映画「ローマの休日」(歳がわかってしまうが)で、川に飛び込むシーンのあるサンタンジェロ城は何となく気になる建物。


 テベレ川はお世辞にも泳ぎたくない色をしているが、臭くはない。それでも避けたいところだが。


 さてサンタンジェロ城は上の写真の背景の円柱のような建物。なんとなく(私には)ケーキにみえてしまうのだが、この中は歴史が詰まっているので是非、見学して欲しい。


 写真の建物に驚いた。屋根をみて欲しい。日本の古い民家の屋根そっくりだ。


 このとき一緒にいたローマ大学の教授が、"KAWARA"といって説明してくれた。ローマにあるカワラは、シルクロードでアジア東に伝えられたのだろうか。


 そういえばパスタの起源の議論で中国人を前にして、この男は正直にパスタの起源は中国にある、といっていた。カワラも日本が起源なのだろうか。そういえば丸窓は茶室を思わせるのだが。


 サンタンジェロ城の歴史には暗い時代があるが、このカワラになんとなくほっとする。


 ところでサンタンジェロ城の中に入るには橋を渡るが、その橋には違法なコピーのバッグを売る屋台の店が並んでいるので、ひっかからないように。違法な製品を購入するのは犯罪行為とみなされる。