エーゲ海の要塞と魚料理を楽しむ























 アテネから200km離れたナフプレオン(Nafpleon)は古代遺跡が街中にあるエーゲ海の隠れ家的リゾートである。


 骨董品ショップについてかいたが、穏やかな海にはポツンと要塞跡の島が目につく。


 岸壁にはこの島周辺の観光船がずらっと並び歩いて行くと、言葉巧みに誘われる。


 内容的にはどれも陽気な船長で楽しいクルーズになる。


 クルーズからもどれば現実の世界が待っている。お腹がすくのだ。


 岸壁には魚料理の店がこれまたずらっと並んでいる。現地の人にきくのが手っ取り早いが、たいていの人気店はまず間違いなくみつかる。客が多いのである。


 ナフプレオンは100%観光の街なので、安全にまた(ここが重要なのだが)、格安に美味しい魚デイナーが楽しくいただける。


 欧州では高齢者の旅行者が多いが、こういう場所に長期滞在すれば、健康でいられるだろう。快適、魚中心の健康な料理、そしてストレスのない生活だ。


 これらを同時に格安に体験したければ、アテネ郊外のナフプレオンに行くべきだ。