トルコのアンテイークショップ






















 トルコに行くと必ず絨毯を売りつけられる。その時、売値で買う人はいない。根気の良い交渉が値段を決める。貴方の腕次第だ。


 絨毯の店は人の集まる広場や裏通りに溢れているので、ぶらぶらすると自分で見つける努力をしなくても、呼び止められて気がつけば店の中に引き込まれている。なかには日本語で応対可能なところもあって、そういう場所では日本人の買い物客が絶えない。


 しかし絨毯ショップに混じってアンテイークの店があって、こここは絨毯より面白い。


 上の写真はそうした店で売られている銃や短剣である。もちろんそのままではどちらも使えないのだが、手入れをしたら立派な銃刀法違反である。


 しかしこの国ではささいなことにおかまいなしである。そういえば中世騎士の持つ重たいサーベルも磨き上げて、ローマの骨董品やで堂々と売られている。


 骨董品コレクターには喉から手が出るこうした品物は安値で購入することは容易く、その安さに胸躍るものがある。


 しかし...


 持ち込み手荷物に決して入れてはならない。空港の検査で間違いなく引っかかる。飛行機に持ち込んではならないのだ。


 日本に持ち込むにはやはり輸入業者に頼むのが安全である。くれぐれも衝動買いしないように。絨毯より買いたくなることは間違いない。