GoProの恩恵ー体験シェアの世界
























 GoProの世界は無限に広がる。この小さな半導体メモリに記録された超広角の映像世界は今世紀に異常な速度で普及し、日常の世界に入り込んで「体験シェア」という世界を提供した。


 今までの機材と決定的に違うのはコンパクトで軽量、しかも(この手の機材としては)異常に安く誰でも手に入ることである。


 軽いのでヘルメットに取り付ければ(上の写真)2輪の高速走行がシェアできてしまう。パラグライダー、サーフイン、ボード、スキーに応用できる。


 車の中外に取り付ければスーパーカーに乗った気分は簡単に味わえる。毎日、数千万円のスーパーカーを乗り換えることもできる。


 また愛くるしいペット、大自然の中でのキャンプ、街の情景、ありとあらゆる体験がシェアできる。中にはその場でYoTubeにアップしてしまう場合もある。


 最近、シューマッハが事故でスキー中に木と激突したときGoProをつけていて気を取られたため、といわれて株価が下がった。


 しかしGoProを着用して危険な行為で死んだ人間はもっと多い。それでも生死がかかったジャンプやダイブを記録して世界中の人とシェアしようとする若者は後を絶たない。


 GoPro映像は数多いが筆者のベストは建設中の上海タワーに潜入した記録である。撮影者は逮捕されtだろうがネットの世界ではヒーローになった。


 誰でもこの世界ではヒーローになれるのだ。