Geopolytics/Economy

FRB バランスシート縮小プログラムの行方

2017 年10月からバランスシートの縮小を開始した米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシートは、2018年2月7日までは減少傾向にあった。しかし、縮小計画の見直しを行ったためか、2月14日時点では保有している総資産が増加している。

Feb. 20, 2018

全米に広がるインフルエンザの脅威

米国で今シーズンに猛威をふるっているインフルエンザは過去最多の感染者をだしている。米疫病対策センター(CDC)によると、インフルエンザの追跡調査を開始して以来の大流行となっており、一週間に約4,000人、全米死亡者の10人に1人がインフルエンザと肺炎で亡くなる勢いで深刻化している。

Feb. 15, 2018

気候変動と紛争の関係性は成立するか

気候変動を世界各地の紛争と関連づけ、気候変動を強く印象付ける議論がある。メルボルン大学の研究チームは気候変動と紛争の関係に関する過去の論文は気候変動と紛争の関係性を論じた論文には偏向した対象についての事例が多く、事実が湾曲されているとしている(Adams et al., Nature Climate Change online Feb. 12, 2018)。

Feb. 14, 2018

エアバスに収賄容疑で罰金8100万ユーロ

エアバス社は2003年のオーストリアへのユーロファイター多用途戦闘機販売をめぐる賄賂容疑を認め、8100万ユーロ(~9900万ドル)の罰金の支払いに応じた。ドイツ検察当局によると、捜査ではエアバス社が有利になるような契約の直接的な汚職の証拠はないとしたが、(賄賂と見られる)多額の使途不明金について経営幹部の責任を追求した。

Feb. 12, 2018

Science/Technology

世界初の2D半導体

コロンビア大学を中心とした研究チームは Re6Se8クラスターの層状構造を用いて世界初となる2D半導体を作成した(Zhong et al., Nano Lett. 18, 1483, 2018)。研究チームは劈開して得られた15nm厚の超薄膜(上のAFMイメージ参照)を用いて物性測定を行い2D半導体であることを確認した。

Feb. 19, 2018

塵がもたらした新生代後期の地球寒冷化

新生代後期にあたる約500万年前から約258万年前までの鮮新世の気候変動は将来の地球の気候を予想する上で、重要な手がかりになる。クレムゾン大学の研究チームは270万年前(新生代後期)の寒冷化が起きた原因はアジア大陸から巻き上げられた大量の塵が、北太平洋にかけて上空を移動したことが原因とする研究結果を発表した(Nie et al., Science Advances 4, eaao6977, 2018。

Feb. 16, 2018

温暖化に矛盾する気象ビッグデータ~極渦で寒冷化する米国南部

ダートマス大学の研究チームの研究によると米国南東部の暖気ポケットの寒冷化は大西洋と太平洋の気温の変化の影響が大きく、地球平均気温の上昇と逆に低下していることがわかった(Prtridge et al., Geophys. Res. Lett. online Feb. 06, 2018)。研究によると1950年代から米国上空のジェット気流が「暖気ポケット」の出現とともにうねる「極渦」現象が見られるようになった。

Feb. 15, 2018

MOFを用いた超高速イオン透析技術

全世界で20億人が飲料水不足にあえいでいる。海水から飲料水を製造する海水淡水化技術は水資源の確保に重要である。モナッシュ大学の研究グループはこのほどMOFを用いてサブナノポーラス膜を開発し、従来の技術より高速に淡水化する技術を開発した(Zhang et al., Science Advances, 4 eaaq0066, 2018)。

Feb. 12, 2018